最近、髪がパサつく、色抜け早い理由

最近、来店されるお客様の共通点。

「髪が急にパサつきだした!」

「カラーの色抜けが早い!」

その理由をご説明いたします。

その理由は、

手指や物を消毒するアルコールや次亜塩素酸が原因です。

アルコールや次亜塩素酸が気化して髪や肌に付着し影響を与えます。

色が抜けたり、パサついたり。

あとは、カラーリングの際に髪に蓄積したアルコールや次亜塩素酸が反応を早め、脱色力が強くなり、色味が入らない現象がおきます。

その際は、カラーを塗った髪が発熱し、泡立ったりしますので、そうなったらすぐシャンプーし、塗り直しましょう。

塗り直しの際には、オキシ濃度を落とすと◎

アルコールや次亜塩素酸で消毒する際は、霧吹きでまくより、布に吹き付けてからふくなどしてほしいです。

また、手指消毒した際は、髪や顔には触れないようにして欲しいです。

アルコールや次亜塩素酸は、強い薬品ですので気をつけて使ってください。

それでは

未分類

コメントを残す